Sponsored Link

【ウクライナ危機】ドイツ政府はウクライナに5億ユーロの融資を約束【海外反応】

Arseni Jazenjuk

ドイツ政府がウクライナを5億ユーロ(日本円で約700億円)の信用融資でサポートをすることになる。
この融資で東ウクライナの復興で必要な資金が保証されると1月7日水曜日にドイツの経産省の担当者は伝えた。

Sponsored Link


1月7日水曜日にドイツの経産大臣のシグマール・ガブリエル氏は
現在ベルリンを訪れているウクライナの首相Arseni Jazenjuk氏と会談し、
「ドイツは政治的、経済的安定において難しい状況にいるウクライナを支援します」と話した。
このために更なる改革が必要だとみられている。

具体的な融資の計画やどの銀行が融資を行うなどの情報はまだ決まっていないと経産省の担当者は話す。
ウクライナは現在、未だに続く独立はとの戦い、
政治的変革の結果として起こった経済的問題によって、金融危機に苦しんでいる。
すでに約10億単位の金額を融資した国際通貨基金との交渉も続いている。

また、ウクライナの首相Arseni Jazenjuk氏がベルリンで伝えようとしていたテーマとしては、
経済的サポートの話題が議事日程に載ることができるかということであった。
1月7日水曜日夜にArseni Jazenjuk氏はドイツ経済の委員会の関係者と会う予定となっている。
引き続き木曜日にはドイツ首相メルケル氏との会談も予定されている。

海外のメディアの報道によってウクライナのハッカーグループによる
メルケル氏のウェブサイト及びドイツ国会のウェブサイトへのハッキング攻撃が明らかになった。
そして、同日1月7日水曜日にフランス・パリで起こった、新聞社Charlie Hebdoでのテロ事件により、
このドイツのウクライナへの援助に関する決定で更なるハッカー攻撃などが懸念される。

参照:
FAZ


Sponsored Link