Sponsored Link

ベルリン・テーゲル空港で有毒性蒸気が発生

10月20日土曜日朝未明、ターミネルAにいた旅客が吐き気と目への異常を訴えたため、
多数の警察の車両及び消防車両が、ベルリン・テーゲル空港に出動した。

目撃者は「テーゲルで地獄が起こった。消防隊、消防車両、警察が出動した。
消防隊の一人に何が起こったのか聞いたが、伝える事はできないと言われた。」

警察は計53人のけが人がいると報告した。
1台の観光バスは、38人のを病院へ搬送し、その大半のけが人は衛生上の治療が施され、
すでに再び退院させられている。

空港の一部は、当初は閉鎖されたが、再び開放された。
関係するエリアから検査が行われた。

http://www.bz-berlin.de/bezirk/reinickendorf/giftige-daempfe-am-airport-53-verletzte-article1567002.html


Sponsored Link