Sponsored Link

アドルフ・アイヒマンが射殺しようとした男

ユダヤ人を救ったラウル・ヴァレンベルグの100歳目の年

スウェーデン大使館、ユダヤ人センターとドイツ連邦議会議長はハンガリーからのユダヤ人のへの強制移送への勇気ある抵抗を思い出している。

他の人間を死から守るために最も高いリスクをその人生のために自発的に背負った人は、
少なくとも理想主義者である。もしくは、それどころか英雄である。
しかし、そのような勇敢さはまれである。ましてや第二次世界大戦においては、
少なくともナチスの人種的優越妄想に抑制をかけるためにはそれは珍し過ぎた。
そして、600万人のユダヤ人は巻き込まれた。

ラウル・ヴァレンベルグはその優れた例外に数えられる。
その最高の縁故を持った裕福な家庭からのスウェーデン人の実業家は、
1944年に迫害された人々を救うために彼の希望でハンガリーへ外交在留地を変えた。

今年のヴァレンベルグの100歳目の誕生年のためにスウェーデン政府は記念年をアナウンスした。
そのために具体化された移動展“Mir bleibt keine andere Wahl(私には他の方法は残っていない)“は
今ベルリンのユダヤセンターで開催されている。
日曜日にドイツ連邦議会議長ノーベルト・ラマートは、その約70年前の若いスウェーデン人の尽力を讃える。

当時ハンガリーは、ヒトラーの第三帝国の最も親密な同盟国の一つであった。
それにも関わらず、その反動的な政府は当時のオーストリア提督ホルティ・ミクローシュのもとナチスにより要求されたユダヤ人根絶計画を長引かせた。

1943年と1944年初めにSSはホルティの政府への圧力を高めた。
最終的に当時のドイツの国防軍が1944年3月19日にそれまでのパートナーを乗っ取った。

理由は、一方では、東方への勢力拡大ではあるが、一方ではユダヤ人虐殺である。
占拠の1週間前にはすでに、アドルフ・アイヒマン、集団移送の組織者が在ハンガリーのユダヤ人の虐殺のための準備を始めていた…

 

詳しくはwikiより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0


Sponsored Link