Sponsored Link

ベルリン・アレキサンダープラッツリンチ事件の一人目の犯人が逮捕される

10日間捜査官は熱に浮かされたように犯人を追っていた。
今彼らは確信している。
Jonny Kが亡くなったベルリン・アレキサンダープラッツでのリンチ事件は今解明されようとしている。

火曜日夜のOsman Aの逮捕の後の水曜日、推測される他の2名の容疑者も自首した。
彼らは自白している模様。Osman Aに対して水曜夜、傷害致死に因る拘禁命令が出された。
また、彼は水曜日に事情聴取の中沈黙を破った。
他の19から21歳の3人の容疑者の捜索は続けられている。
ただし、主犯格はトルコにいると推測されている。

警察は、犯行に関しての捜査をスムーズに進めていると警察担当者は語る。
また、他の容疑者の名前もすでに明らかになっているとも報告している。

少なくとも3日間前からOsman Aの家族は事情を知っていたようだ。
全員が彼を出頭させるために働きかけたと親族はベルリン新聞に対して主張する。
警察が一斉検挙に出た際に、自称警察に向かっていたという職業訓練生はオスローアー通りで逮捕された。
他の2名の容疑者も水曜日の午前に弁護士を引き連れて自首し、夜になるまで尋問を受けた。

捜査官はその逮捕が主犯格のものであったとは根底に置いていない。
Osman Aの親族は、ベルリン新聞に対して、
そのギリシャ・トルコ系の若者達は事件の朝、アレキサンダープラッツで顔見知りという2人のトルコ系の少年に会った。

彼らこそがその主犯格であるとその親族は主張する。
なぜその供述による、実際は誠実な平穏な少年達がその被害者への残忍な暴行に介入してしまったのかを
彼ももっとも説明することはできないのだが。
しかし、殺人捜査班は彼らも暴力行為に及んだと確信している。

私たち全てがショックを受け、被害者遺族を思っていることだけはわかっているとその男は言う。
こういうことで子供を失ってはいけない。
事が明るみになり、公平な罰を受ける事に対してすべてをするだろう。

Osman Aはすでに拘禁命令を受けた。
同じ殺人で捜査されている彼の友人も拘禁されるかは木曜に決定される。
捜査官は、残りの容疑者も逮捕できると確信している。

実際に主犯格はトルコにすでに逃げていると見られており、ドイツはトルコに引き渡し請求をすることができる。
もっとも、その犯人をまず一度見つけなければいけないが。


Sponsored Link