Sponsored Link

ベルリン・シャリテ医大教授への暴行の動機が明らかに

火曜日正午、2人の男がベルリン・シャリテ医大のJalid Sehouli教授の部屋に木の棒を持って侵入し、
教授に暴行を加えた。シャリテ医大の産婦人科の学部長はそこで重傷を負い、
頭部の怪我、骨折と裂傷を受けた。助けに入った同僚も同様に暴行を受けた。

シャリテ医大はとんでもない出来事について話をした。
その医者は快方に向かっており、私たちは彼の一刻も早い回復を願っていますと。

犯行への動機が明らかになってきている。
未熟児の施設での感染症との関係性を捜査官は水曜日午前、ベルリン新聞に対して排除した。
そのかわりに犯人の観点から考えると、ある女性への治療が犯行動機として考える事ができると警察は説明した。
その2人の男性が患者の親戚ということが問題なっている模様。
彼らは、Sehouli教授からラテン系との特徴を述べられている。
犯人と被害者がすでにお互いを知っていたかどうかはまだ不明だ。

それは、異常なケースです。
捜査は続いていると水曜日警察担当者は話す。
危険な傷害罪として現在捜査がされている。
警察は病院の防犯カメラの映像を分析している。

保健省の議員のMario Czaja(CDU)は水曜日にその襲撃について厳しく非難をした。
その政治家は、今週水曜日に現在入院しているSehouli教授を訪れると通知した。
極めて深くその出来事にショックを受けているとCzajaは文書にて見解を示した。
この明らかな計画的な犯行は彼を口も利けないほどにしている。

Sehouli教授はVirchowクリニックの中に卵巣癌のためのヨーロッパ専門機関を設立したリーダーである。
彼はこの分野で賞賛を得ている。


Sponsored Link