slide

ベルリン・シャリテ医大教授への暴行の動機が明らかに

火曜日正午、2人の男がベルリン・シャリテ医大のJalid Sehouli教授の部屋に木の棒を持って侵入し、 教授に暴行を加えた。シャリテ医大の産婦人科の学部長はそこで重傷を負い、 頭部の怪我、骨折と裂傷を受けた。助けに入った同僚も同様に暴行を受けた。 シャリテ医大はとんでもない出来事について話をした。 その医者は快方に向かっており、私たちは彼の一刻も早い回復を願っていますと。 犯行への動機が明らかになってきている。 未熟児の施設での感染症との関係性を捜査官は水曜日午前、ベルリン新聞に対して排除した。 そのかわりに犯人の観点から考えると、ある女性への治療が犯行動機として考える事ができると警察は説明した。 その2人の男性が患者の親戚ということが問題なっている模様。 彼らは、Sehouli教授からラテン系との特徴を述べられている。 犯人と被害者がすでにお互いを知っていたかどうかはまだ不明だ。 それは、異常なケースです。 捜査は続いていると水曜日警察担当者は話す。 危険な傷害罪として現在捜査がされている。 警察は病院の防犯カメラの映像を分析している。 保健省の議員のMario Czaja(CDU)は水曜日にその襲撃について厳しく非難をした。 その政治家は、今週水曜日に現在入院しているSehouli教授を訪れると通知した。 極めて深くその出来事にショックを受けているとCzajaは文書にて見解を示した。 この明らかな計画的な犯行は彼を口も利けないほどにしている。 Sehouli教授はVirchowクリニックの中に卵巣癌のためのヨーロッパ専門機関を設立したリーダーである。 彼はこの分野で賞賛を得ている。

slide

ベルリン・アレキサンダープラッツリンチ事件の一人目の犯人が逮捕される

10日間捜査官は熱に浮かされたように犯人を追っていた。 今彼らは確信している。 Jonny Kが亡くなったベルリン・アレキサンダープラッツでのリンチ事件は今解明されようとしている。 火曜日夜のOsman Aの逮捕の後の水曜日、推測される他の2名の容疑者も自首した。 彼らは自白している模様。Osman Aに対して水曜夜、傷害致死に因る拘禁命令が出された。 また、彼は水曜日に事情聴取の中沈黙を破った。 他の19から21歳の3人の容疑者の捜索は続けられている。 ただし、主犯格はトルコにいると推測されている。 警察は、犯行に関しての捜査をスムーズに進めていると警察担当者は語る。 また、他の容疑者の名前もすでに明らかになっているとも報告している。 少なくとも3日間前からOsman Aの家族は事情を知っていたようだ。 全員が彼を出頭させるために働きかけたと親族はベルリン新聞に対して主張する。 警察が一斉検挙に出た際に、自称警察に向かっていたという職業訓練生はオスローアー通りで逮捕された。 他の2名の容疑者も水曜日の午前に弁護士を引き連れて自首し、夜になるまで尋問を受けた。 捜査官はその逮捕が主犯格のものであったとは根底に置いていない。 Osman Aの親族は、ベルリン新聞に対して、 そのギリシャ・トルコ系の若者達は事件の朝、アレキサンダープラッツで顔見知りという2人のトルコ系の少年に会った。 彼らこそがその主犯格であるとその親族は主張する。 なぜその供述による、実際は誠実な平穏な少年達がその被害者への残忍な暴行に介入してしまったのかを 彼ももっとも説明することはできないのだが。 しかし、殺人捜査班は彼らも暴力行為に及んだと確信している。 私たち全てがショックを受け、被害者遺族を思っていることだけはわかっているとその男は言う。 こういうことで子供を失ってはいけない。 事が明るみになり、公平な罰を受ける事に対してすべてをするだろう。 Osman…

slide

アドルフ・アイヒマンが射殺しようとした男

ユダヤ人を救ったラウル・ヴァレンベルグの100歳目の年 スウェーデン大使館、ユダヤ人センターとドイツ連邦議会議長はハンガリーからのユダヤ人のへの強制移送への勇気ある抵抗を思い出している。 他の人間を死から守るために最も高いリスクをその人生のために自発的に背負った人は、 少なくとも理想主義者である。もしくは、それどころか英雄である。 しかし、そのような勇敢さはまれである。ましてや第二次世界大戦においては、 少なくともナチスの人種的優越妄想に抑制をかけるためにはそれは珍し過ぎた。 そして、600万人のユダヤ人は巻き込まれた。 ラウル・ヴァレンベルグはその優れた例外に数えられる。 その最高の縁故を持った裕福な家庭からのスウェーデン人の実業家は、 1944年に迫害された人々を救うために彼の希望でハンガリーへ外交在留地を変えた。 今年のヴァレンベルグの100歳目の誕生年のためにスウェーデン政府は記念年をアナウンスした。 そのために具体化された移動展“Mir bleibt keine andere Wahl(私には他の方法は残っていない)“は 今ベルリンのユダヤセンターで開催されている。 日曜日にドイツ連邦議会議長ノーベルト・ラマートは、その約70年前の若いスウェーデン人の尽力を讃える。 当時ハンガリーは、ヒトラーの第三帝国の最も親密な同盟国の一つであった。 それにも関わらず、その反動的な政府は当時のオーストリア提督ホルティ・ミクローシュのもとナチスにより要求されたユダヤ人根絶計画を長引かせた。 1943年と1944年初めにSSはホルティの政府への圧力を高めた。 最終的に当時のドイツの国防軍が1944年3月19日にそれまでのパートナーを乗っ取った。 理由は、一方では、東方への勢力拡大ではあるが、一方ではユダヤ人虐殺である。 占拠の1週間前にはすでに、アドルフ・アイヒマン、集団移送の組織者が在ハンガリーのユダヤ人の虐殺のための準備を始めていた…   詳しくはwikiより http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0

slide

ベルリン・テーゲル空港で有毒性蒸気が発生

10月20日土曜日朝未明、ターミネルAにいた旅客が吐き気と目への異常を訴えたため、 多数の警察の車両及び消防車両が、ベルリン・テーゲル空港に出動した。 目撃者は「テーゲルで地獄が起こった。消防隊、消防車両、警察が出動した。 消防隊の一人に何が起こったのか聞いたが、伝える事はできないと言われた。」 警察は計53人のけが人がいると報告した。 1台の観光バスは、38人のを病院へ搬送し、その大半のけが人は衛生上の治療が施され、 すでに再び退院させられている。 空港の一部は、当初は閉鎖されたが、再び開放された。 関係するエリアから検査が行われた。 http://www.bz-berlin.de/bezirk/reinickendorf/giftige-daempfe-am-airport-53-verletzte-article1567002.html

slide

ベルリン・アレキサンダープラッツでのリンチ殺人

10月14日午前4時未明に20歳のアジア人男性がベルリン、アレキサンダープラッツで約7人のグループに暴行を受け、 病院に搬送されたが、翌日、頭部損傷が原因で死亡した。 被害者は友人とパーティーの帰り、酔った友人を介抱するべく、 アレキサンダープラッツ駅近くのベンチに座らせたところ,約7人の男性グループに襲われた。 被害者は、友人を守ろうとしたところ犯人グループに激しく暴行を受けた。 各メディアは、犯人グループは、アラブ系の男達と目撃されていると報じている。 さらには、今回の犯行は差別的目的から起こった可能性もあると憶測されている。 現在警察が犯人の行方を追っている。 検察は、情報提供に対して最大15,000Euroの謝礼を約束している。 アジア系人種を意図的に狙った犯行であるとすれば、在ベルリン日本人も注意する必要性があるだろう。