Hubschrauber

ベルリンで強盗が空中から追跡され逮捕される

強盗が金曜日警察のヘリコプターを使った注目された長期の追跡の後ベルリン、パンコーの高速道路上で逮捕された。 警察が土曜日に私服警官はその男をある一世帯住宅での強盗のあと監視し追跡していたと伝えた。 捜査官が車の中にいたその男を止めさせようとした時、男は休憩を突然終え、走り出したとことコンクリートパイルに衝突した。 男は車から飛び出て徒歩で逃走した。そこで男は河川を横断し、高速道路114号線に到達し、 そこでヒッチハイクをはじめた。 その間ヘリコプターは到着し、部隊はその犯人に拡声器で警告した。 ヘリコプターが着陸した後に多数の警察官がその男を逮捕した。

Pony

ベルリンS-Bahnで1頭のポニーが現れる

木曜夜ブロンドの乗馬用ズボンを穿いた女性が縄につないだポニーとフリードリッヒ通り駅でS-Bahnに乗車した。 55秒のYoutubeへアップロードされたビデオは金曜日以来注目を浴びている。 その名も「A pony travelling with S-Bahn in Berlin!!!!!」 数時間の中で約1万人のユーザーがクリックし、その突飛な光景にコメントした。 それを撮影したフィンランド人のジャルコ・リヒメキはビデオの下にコメントをしている。 「彼らが私のホットワインの中に何かを混ぜた」 彼は「その女性がポニーと電車に乗って来た時私は車内に座っていました。彼女はすぐに座りました。 それはとても馬鹿げていた。」と語る。そのフィンランド人の音楽家と他の乗客は見ているものをすぐに理解はできなかった。 彼はその後スマートフォンをすっと取り出し、写真とビデオを撮影した。 多くの人はポニーを撫で、その他の乗客は本を読み続けた。 その女性とポニーが更に北に向かったが彼はNord駅で降車した。 その女性が出かける前にアレキサンダー広場で無作法な振る舞いをしていたようだ。 目撃者は「彼女は少し前にアレキサンダー広場にいて酔っぱらっているようだった。」と話す。 2人の警官は彼女に話しかけ出ていくことを命令した。 S-Bahnの担当者は以下のように話す。 馬を乗せた旅行は禁止されている。 それは明らかに交通の輸送規約に反していた。馬が原因で危険が起こる可能性もある。 その上S-Bahnにはそういった動物のためのスペースはない。 担当者は、そのポニーは寄付を集めるサーカスの所有のものだと推測する。 ビデオは以下参照