Sponsored Link

ドイツサッカー連盟、アウシュビッツ – ビルケナウを訪問

ポーランド、ウクライナでのヨーロッパチャンピョンズリーグの前に、ドイツサッカー連盟の代表団は、南ポーランドにあるナチスの強制収容所、アウシュビッツ – ビルケナウを訪れた。監督のヨアヒム・レーヴ、チームマネージャーのオリバー・ビアホフ、チームキャプテンのフィリップ・ラーム及びポーランド人の代表選手のミロスラフ・クローゼとルーカス・ポドルスキーはとりわけ、ナチスによって殺された犠牲者を偲んだ。彼らは、強制収容所であったアウシュヴィッツと絶滅収容所であったビルケナウの両方を訪れた。


Sponsored Link