Sponsored Link

ベルリン 40万人がパブリックビューイングを観戦

皆さんは、サッカーをテレビで見ますか?

多くのドイツ人はそれに対してNOを言い、パブリックビューイングを探します。社会学者は、その同じことを指摘しています。

約40万人のサッカーファンは、EM2012でのドイツ代表の初戦、対ポルトガル戦をブランデンブルグ門から勝利の記念塔までにある、7つのスクリーンで観戦した。シュプレー川沿いに約1kmに渡ってファンがドイツ代表の応援に集った。

2006年のドイツで開催されたワールドカップ以来、「パブリックビューイング」という言葉は、ドイツ語の中で定着している。一緒に勝利の喜び、敗北の悔しさを共有することは、パブリックビューイングの魅力にとってとても意味があるのだ。

しかしながら、テレビはそれにより、長く流行ってはいないようだ。新しい結果としては、ドイツのテレビ局ARDがドイツ代表の初戦を放映した際に、約2200万にのドイツ人がテレビを見ていたそうだ。技術の進化により、観戦の在り方も変わってきている。

オランダ戦で、あなたも是非パブリックビューイングで観戦をしてみたらいかがだろう。

http://www.public-viewing-berlin.de/


Sponsored Link