Sponsored Link

ノイケルンでのレイプ事件から1年 捜査は続く

忌々しい事件から一年。警察は防犯カメラに映っている犯人の逮捕に全力を尽くしている。

2011年6月3日金曜日深夜1時に当時20歳だった女性は地下鉄へルマンシュトラーセの駅構内にいたときに、若い男のグループに遭遇した。 ホームで約45分間その女性はそのグループからしつこく迫られ、性的な嫌がらせをされ、限度を超えた、アルコールを飲む事を強要した。
それから全員は、1時45分にその地下鉄を去った。その後、そのグループはその女性を近くの公園に力づくで連れ込んだ。そこでその女性は3人の犯人から性的暴行を受けた。

警察は、「DNAでの証拠確保が今までうまくいかなかった。写真の公開が最後の手段です。」と伝えた。

警察の報告によると、犯人達は18歳から22歳。身長は167cmから177cm。
細身でトルコ、アラブ系の素性。一人は黒い挑発と髭、他の3人は黒い短髪。
一人は、赤いベースボールキャップと赤い目立つ文字で“TOKYO“お書かれたTシャツを着ていた。警察は特に“TOKYO“と書かれたTシャツを手がかりと考えている。

以下のページより防犯カメラの写真が見れます。
http://www.bild.de/regional/berlin/vergewaltigung/polizei-jagt-diese-u-bahn-vergewaltiger-24610716.bild.html
情報提供は以下の番号もしくは、近くの警察署まで。
030/4664-913402


Sponsored Link