Sponsored Link

緑の党 警察の人員削減を主張

ノルドハイン・ヴェストファレン州の緑の党は、警察の人員削減を固く主張している。
質を失う人員削減ではなく、許容の範囲だと、緑の党幹部、シルビア・レーアマンは言う。
連立の調整でSPDは警察での削減案に対して、反対した。

SPD代表のハネロレ・クラフトが、緑の党が警察は現場から退くべきであるということしを主張しているという印象を持っている、
レーアマンは話す。「緑の党も全くそのようなことは言っていない。組織と管理の効率化が緑の党の目的なんです。」

「これは課題批判がなくてはならないんです。」とSPDと緑の党連立の新州政府で教育の役職に就くだろうレーアマンは強調する。


Sponsored Link