Sponsored Link

9歳児が給食についてブログで綴る。

コロッケ、チーズバーガー、キュウリのサラダ、そしてライス。
それは、9歳のスコットランド人マルタ・ペインが彼女のブログのために撮った写真だ。
スコットランド、アギル州の管理局は、彼女のその写真を禁じたが、この禁止はインターネットでの怒りの波の後、撤回された。

マルタのブログ“Never Seconds“がネットに立ち上げられて以来、2百万により多くの人が、そのブログをチェックしている。
彼女は元々、貧しい国で無料で給食を提供するための支援団体“Mary`s Meals“のためにお金をそのプロジェクトで集めようとしていた。

9歳のマルタは、スコットランドのエジンバラから西に約210km離れた海岸沿いの街に住んでいる。
彼女は、独自の目盛り“Food-o-meter“で学校の食堂の全ての給食に評価を付けた。
「私は、その鶏がどこから来たのか知りたいの。」
彼女はメキシコ風チキン料理に関する記事の中で、「だから私は、それについて書け、質問することに責任を持つ女性になりたいの。
その鶏がどこで生活しているのか知りたい。」

その地方の役所は、それはおもしろくなく、その9歳児に給食の写真を撮る事を禁じた。
マルタの写真は、誤解を招く可能性があり、その食堂の従業員に損害を与える恐れがある。
特に、役所はスコットランド新聞“Daily Record“のレポート“給食のおばさんをクビ“に憤慨した。

マルタの父親は、しかし論拠を示した。
「マルタは、ひどい評価を付けただけではなく、給食が食欲をそそらないように見せられていることは彼女の意図ではない。」

最終的に、金曜に役所の決定をチェックさせようとしたインタネット上でそれは炎上した。
とりわけ、イギリスで学校給食の改善に尽力しているスターシェフのジェイミー・オリバーはTwitter上でマルタに勇気づけた。

写真の禁止の撤廃後、マルタは彼女の中で、彼らのサポートへの感謝を綴った。
また、Mary`s Mealsにとってもその関心は成功だった。
金曜日だけで、その支援団体への寄付は3.000ポンドから40.000ポンド(50.000ユーロ)まで増えた。

彼女のブログはこちらhttp://neverseconds.blogspot.de/


Sponsored Link