Sponsored Link

ウクライナ監督報道陣の前で怒る

ウクライナのEM2012のグループリーグから敗北したすぐ後に、監督オレッグ・ブロチンは、
あるジャーナリストに2人だけで話す事を提案した。
なぜならば、彼は、彼自身、とりわけ、彼のチームが非難されたように感じたからだ。

「あなたが男なら、一緒に来て2人だけで話しましょう。」
とブロチンは言った。

その前に、彼は、彼のチームの欠けた良好なコンディションについて言及されていた。
ブロチンは、そのジャーナリストにゴールの前に行く事をすすめるために「あなたはサッカーをしたことがありますか?」と聞いた。

また、UEFAの担当者フリッツ・アールシュトルムはブロチンを落ち着かせる事ができなかった。
「あなたが私を好きでないなら、そうしてください。しかし、あなたが私のチームに対して言った事をほっておくわけにはいきません。」
と監督は続けた。

彼が記者会見の後、部屋を去るときに、ブロチンは、さらに繰り返し、ゴールについて話し、そのジャーナリストに一緒に来るよう要求した。


Sponsored Link