Sponsored Link

イスラエルが国連人権委員会を批判

ジュネーブの国連人権委員会は、西ヨルダンでのイスラエル人の入植がパレスティナ人の生活へどのような影響を持っているのか調べようとしている。
この目的のために委員会は、金曜日にその現場の状況をおおよそ知っているであろう3人の代表をフランス、ボツワナ及びパキスタンから任命した。

イスラエルは、その処置を先入観を持ったものと言い、代表団と共同で仕事をするつもりはないと予告した。
人権委員会は、他の場で、体系的に人権侵害を無視していた間に、イスラエルを批判しているとイスラエルのスポークスマン ジガル・パルモアは伝えた。

イスラエルが1967年にヨルダンから征服した西ヨルダン、エルサレムの地域で、約50万人のイスラエル人が生活をしている。
国連は、イスラエルの入植を国際法の観点から違法と見なしている。
その入植が和平交渉への一番の障害となっている。

参照:http://de.finance.yahoo.com/nachrichten/israel-kritisiert-un-menschenrechtsrat-134000455.html


Sponsored Link