Sponsored Link

ナチス戦犯ラスロ・カタリーがブダペストで逮捕される

第二次大戦中に約15700人のユダヤ人のアウシュヴィッツ強制収容所への輸送に関わった97歳であるナチス戦犯ラスロ・カタリーがブダペストで逮捕され、
検察によると、戦争犯罪として、新たに起訴される。
サイモン・ヴィーゼンタールセンターが最後に探していたナチス戦犯であるカスタリーは、数日前に見つけられた。

検察は、カタリーは彼の過去について尋問されると発表している。
その後彼は起訴されるだろう。
カタリーは第二次大戦中、スロバキアの街コシセのユダヤ人街の警察署長であり、
15700人のユダヤ人のアウシュヴィッツ強制収容所への移送に関わった。
さらに彼は、ゲットーでユダヤ人を虐待し、例として挙げれば、女性にさんざんに扱った。

その97歳は、過去17年間邪魔されず、本当の名前でブダペストで生活し、
イギリスの新聞“The Sun“のジャーナリストからのヴィーゼンタールセンターの情報をもとに探し出された。
またハンガリー当局は、10ヶ月より多くその情報を持っていたので、それについて怠惰と批判された。


Sponsored Link